2019年5月23日

今の仕事を辞めて転職したいという考えている人向けのサイトです

転職を思い立ったのは良いのだけれど、意外と迷ってしまうのが転職活動を始めるタイミングです。在職中に転職活動を始めるべきか、いやいや在職中は忙しいので退職後に時間の余裕をもって始めた方が良いのではないか、など転職活動を始めるタイミングは人によって様々です。転職活動を始めるタイミングは在職中にしろ退職後にしろそれぞれにメリットとデメリットがありますが、実は一般的には在職中に始める方がメリットがあると言われています。

まず、在職中に始める転職活動の最大のメリットは、収入がストップしないことです。そしてこれがそのまま退職後に転職活動を始める最大のデメリットになります。在職中には現職の仕事もこなさなければならないので、限られた時間で転職活動をしなければなりません。しかし、収入がある限り転職活動自体が長引いても特に問題はなく、特別に期限を決めてさえいなければ好条件の転職先が見つかるまで気長に転職活動を続けることができるのです。

一方、退職後に転職活動を始めた場合、実家暮らしなどではない限り貯金が尽きるまでに転職先を決めなければなりません。運よく好条件の転職先が見つかれば良いですが、いつまでたっても自分の希望に近い職場が見つからないということもよくあります。最終的に妥協してしまい、前職の方が条件が良かったという事になれば転職を失敗したことになってしまいます。

もちろん人によって状況は異なりますが、転職活動を始めるタイミングは在職中の方がメリットがあると言えるでしょう。